2015年6月6日ネパール報告

nepal-article
nepal-article

ネパール 学校建設中

この度は、ご支援を本当にありがとうございました。
ネパールは創造以上に震災被害が大きく、いろいろな問題を抱えて、復興が進んで降りませんでした。

沢山の家族が市内のテント村で生活しており、1枚のシートのみでの生活は貧困家族には何もできない状態です。(夫を亡くし、3人の小さい子供)高さ150cmぐらいです。4人です。まだまだ、道が遮断され、村々が孤立して救済や供給は行きととどいておりませんでした。

3

ある町は生存者が12名のみでした。山脈の村々も、ブルーシートで竹を判部に割り、三角にして住んでました。

私共は波トタンを1530枚を寄贈できました。1世帯に5枚の強い波トタンです。  自分たちで大至急、家を作ります。

ネパール震災支援 代表 アデォカリ・ブバン
株式会社Global SAPANA Group(株式会社キャラバン サパナ社長)

アデォカリ・ブバン氏は皆様からの寄付金や自分の資産を持ってネパールに入り、学校建設や村の復興に現在もご尽力しております。

支援物資は本当に、喜ばれました。テレビ放送4局で放送され、内、ABCニュースでは生放送30分に出演しました。

学校は5000校が無くなり、町々の保健所や防災システムもなく、私共でできることを模索しながら、これから進めてまいります。

学校ができるまでは、生徒たちは青空教室で勉強しており、学校を始めることで、子供への安心を与えることを最優先し決めました。

地域の中心的役割となり、集会所コミニティーセンター、避難所防災センター、村の保健センター、ミニ診療所におけるサービスの向上や健康意識向上のための村人への教育活動などを行いながら、地域ぐるみで取り組んでいくプロジェクトです。 防災に強い学校建設を村人と共に作ります。

よろしくお願いします。本当にありがとうございました。
平成 27年 9月 12 日 理事長 佐々木浩二

プノンペン市庁舎で、日本の救急車の寄贈式

12月24日、プノンペン市庁舎にて、日本の救急車の寄贈式が開催されました。式典には、マック・ヴァニシャ副知事、日本大使館代表、MOLカンボジア所長代理、佐々木明子SBSIカンボジア事務所所長が出席しました。

急増する交通事故対策として、プノンペン市長から要請を受けていたSBSIは、蒲郡ロータリークラブより寄贈された救急車および必要機材をプノンペンへと送ることができました。輸送及び通関には、株式会社商船三井MOLグループおよびプノンペン市が多大なるご協力をくださいました。

日本とカンボジア、多くの人の協力によって海を越えた救急車が、命を救うために活躍することを願ってやみません。

カンダル州ルムドア島における疾病予防及び健康管理プロジェクト

8月、SBSIの「カンダル州ルムドア島における疾病予防及び健康管理プロジェクト」を支援する日本の学生団体GRAPHISが、ルムドア島を訪問しました。久留米大学の河内教授と7人の学生さんたちも同時期に訪問しました。