シアヌークビル州の病院に日本からベッドなどを寄贈しました(2019年10月24日)

10月24日、サイド・バイ・サイド・インターナショナル(SBSI)が日本から送った2基のコンテナ(芳賀赤十字病院からの医療用ベッド)がシアヌークビルに到着し、SBSI理事長佐々木浩二がコンテナを開封しました。

その後、シアヌークビル州のクー・チャムロン新知事およびマン・シネ副知事が出席されて、シアヌークビル州立病院(ノン・セン院長)にて寄贈式が開催されました。

この寄贈事業は、SBSI、CAMSAFE、応援環境団、シアヌークビル州の共同事業です。

寄贈された147台のベッド(乳児ベッドを含む)は州立病院など州内の公立病院にて活用されます。

国立病院で「緊急外傷患者への初期対応」講習会 (2019年3月)

3月15日、SBSI主催の講習会で、日本から来ていたANTAAの中村医師、江崎医師、西山さんが国立カルメット病院で60人の医療スタッフが「緊急外傷患者のための初期対応)を実技講習も含めてレクチャーしました。数々の事案をスライドで提示して、ERスタッフの初期対応について質問をする形式で、参加者は非常に熱心に参加していました。しかも、正解を出した参加者は「白い恋人」のクッキーを受け取れたので熱が入りました! 同病院のナレット救命主任やシアン看護訓練主任も 講習会に協力しました。同様の講習会を国立クメールソビエト友好病院でも実施しました。